171063
ご 感 想
ホームに戻る  ツリー表示  トピック表示  留意事項  ワード検索  過去ログ  管理用
携帯からご覧になると新しいコメントが表示されない場合がございます。"ブラウザメニュー" の "ページ更新"ボタンを押してみて下さい。また申し訳ございませんが当サイトの内容以外についての質問はご遠慮ください。他の質問サイト等をご利用ください。なおスパム対策のため多数の禁止ワードを設定しております。投稿時エラーがでましたらお手数ですがワードを少しずつ変更して投稿してください。

▼ 新規投稿フォーム
タイトル
お名前
コメント
暗証キー (英数字で8文字以内。後で記事の修正ができます。)
投稿キー (自動投稿防止の為 投稿キー を入力してください)
文字色

コイルに蓄えられるエネルギーについて 投稿者:とんかつ 投稿日:2018/02/17(Sat) 13:31 No.2362   

ろっとん様

大変分かりやすい説明でとても助かっております。
コイルに蓄えられるエネルギーについて疑問点があったためご質問させてください。

サイト内の説明で、「例えば総量210個の電荷を運ぼうとするとき、
最初の10個を運ぶときは自己誘導起電力が小さいので少ない仕事で済みます。
最後の10個を運ぶときは自己誘導起電力が大きいので仕事が大きくなります。
最初の10個と最後の10個では仕事の大きさが違うので、〜」と図付きで解説されていますが、
自己誘導起電力はΔtにおける電流の変化量で決まるため、同じΔtで電荷10個が運ばれるのなら、
どちらも同じ自己誘導起電力かつ仕事ではないでしょうか。
個人的には、「最初の電流変化量(例えば0A→1A)と最後の電流変化量(例えば9A→10A)では
仕事の大きさが異なるので、〜」だと理解できます。

また、図では最初と最後の電荷10個が矢印で示されており、その部分がグレーになっていますが、
この図の横軸幅はΔIであるため、電荷10個が同じ横幅であることに違和感を感じています。
最初のグレー部分は、電流そのものが小さいため仕事が小さく、最後のグレー部分は
電流そのものが大きい(定常状態に近づく)ので仕事が大きくなる、
かつ仕事の総量が三角形1/2LI^2で表されると考えています。

何卒、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - ろっとん 2018/02/18(Sun) 00:57 No.2363
おっしゃるとおりです。頭いいですね?ちゃんと原理を考えていらっしゃる。
私の説明はコンデンサーの静電エネルギーの原理と話が混同してますね。お恥ずかしい。
210個の電荷の話はやめた方がいいですね。自己誘導の話もおかしい。分かりやすくしようとしてトンチンカンな説明をしてしまいました。お詫びして削除いたします。


Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - ろっとん 2018/02/18(Sun) 08:29 No.2364
、、、と思ったんですが、よく考えてみたら210個の電荷の話は正しいような気がします。電荷10個を同じ横幅にしていいような感じがします。
自己誘導起電力の話は間違ってます。(過去に間違いを指摘されたのに直すのを忘れてました。近日中に直します)


Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - とんかつ 2018/02/18(Sun) 18:45 No.2365
ろっとん様

早速のご返信いただき大変ありがとうございます。
恐縮なのですが先日の私の説明に不備があったので、
改めて電荷10個の件について整理してもよろしいでしょうか。

サイト内のご説明で「ΔW = LIΔI (これは下のグラフでいうとグレー部分の面積のこと)」と記載があり、
エネルギーを求めるのにΔtが必要ないことが分かります。
そのため図では、横軸にIを取っており、さらに定常状態になるまでのIをΔIで区切っています。
ここで、ΔI=1[A]の変化量と置いたとき、例えば最初のグレー部分は0[A]→1[A]になったタイミングで、
最後のグレー部分は20[A]→21[A]になったタイミングで区切られていると認識しています。
ただし、0[A]→1[A]のΔtと20[A]→21[A]のΔtは異なります。
※「コイルを含む回路に流れる電流」の図に示されるように、スイッチを閉じた瞬間が最も
  電流変化が大きいため、0[A]→1[A]のほうがΔtが小さくなる

最初と最後のグレー部分では、同じ電流の変化量ですが、電流IおよびΔtが異なるため
同じ電荷の変化量ではなく、電荷10個が同じ横幅であることに違和感がありました。

何度も申し訳ありませんが、何卒ご教授のほどよろしくお願いいたします。


Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - ろっとん 2018/02/18(Sun) 19:31 No.2366
はい、とんかつ様の主張は理解しております。
その上でよく考えてみると、0[A]→1[A]のΔtと20[A]→21[A]のΔtが異なっていても、グラフにおいて同じ横幅としていいような気がするのです。
0[A]→1[A] に 0.1秒、20[A]→21[A] に 0.5秒掛かったりしたような場合でも横幅には関係ないと思うのです。横幅に Δt は無関係で ΔI=1[A] だけが関係するという。。ちょっと考え方が難しいですが。。。


Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - とんかつ 2018/02/18(Sun) 22:32 No.2367
度々、早速のご返信大変ありがとうございます。
ろっとんさんが仰ることが分かったような気がします。

「仕事=電荷×起電力」として「ΔW = IΔt × L(ΔI/Δt)」とのご説明がありますが、
先ほどと同様にΔIを固定した場合、グラフにおいて最初のグレー部分よりも
最後のグレーの部分ほうがΔWが大きい理由として、「電荷が(IとΔt両方が)大きくなるから」だと
認識しています。(起電力は、むしろΔtが小さい最初のグレー部分ほうが大きいため)

上記では、ΔIを固定させてΔWを考える方法に対し、電荷10個を運ぶ場合は、
電荷IΔtを固定させる考え方なのかなと思いました。すると、上式より起電力が大きいグレー部分のほうが
ΔWが大きくなると言えます。電荷を例えば10で固定すると、最初のグレー部分のほうがIが小さいため
Δtが大きくなるが、同時にΔIも大きくなるため、イマイチ最初のグレー部分と最後のグレー部分どちらが
起電力が大きいのかイメージできなかったのが自分の思慮不足だと思いました。

ただ、やっぱり「ΔW = LIΔI」にもかかわらず、電流の横軸に対しΔtの概念を持つ電荷が
出てくるのは少し違和感なのかなぁと感じました。

お時間割いていただき大変ありがとうございました。御礼申し上げます。


Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - ろっとん 2018/02/18(Sun) 23:03 No.2368
こちらこそコイルのエネルギーについて考え直すいいキッカケになりました。ありがとうございました。

Re: コイルに蓄えられるエネルギーにつ... - ろっとん 2018/02/19(Mon) 02:17 No.2369
、、、と思ったんですが、またまた心変わりしました。
総量210個というのがおかしいですね。始めが10個で最後が210個で総量2310個なら整合性がとれますね。
当該ページに解説を載せておくので後で確認してみてください。もうここを見ておられないかもしれませんが。。


レンツの法則no 投稿者:ぽりんこ 投稿日:2018/02/10(Sat) 16:11 No.2357   

こんにちは、
レンツの法則で検流計の針の動きを教えてください。
レンツの法則のところで、検流計の針の動きがどうしてそうなるのかわかりません。
検流計の針は、電流が入ってきた方向に振れるのではないのですか?
物理は苦手で。。。

Re: レンツの法則no - ろっとん 2018/02/11(Sun) 00:11 No.2358
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/renntu-img/dennji36-2015.gif
この図のオレンジの矢印の向きがどうしてそうなるかわからないということでしょうか?
それとも
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/dennji-img/6431-11-1a.gif
この図の赤色の矢印の向きがどうしてそうなるかわからないということでしょうか?
おおもとの原理はローレンツ力によるものです。
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/dennjiro.html
ローレンツ力の向きはフレミングの左手の法則によって決まります。


Re: レンツの法則no - ぽりんこ 2018/02/11(Sun) 08:56 No.2359
返信ありがとうございます。
オレンジの矢印もわかります。
わからないのは、コイルの絵の下に書いてある小さな丸の検流計の矢印の動き方です。
 電流が右から流れてくるなら、検流計の矢印は右に振れるのではないのですか?


Re: レンツの法則no - ろっとん 2018/02/11(Sun) 12:02 No.2360
むむ。ご質問の意図がわかりました。私が間違っているかもしれない…。中学理科で、検流計の針の振れ方は電流と逆向き、と教わったような記憶が…。
少々お待ちください。


Re: レンツの法則no - ろっとん 2018/02/11(Sun) 18:48 No.2361
検索してみますと、やはり検流計の針の振れは電流と逆向き(逆と感じる方向に振れる)ですね。
特殊な検流計は電流と同じ向きで、NHKの理科の解説動画ではこちらを使っているようです。
www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300092_00000

本屋で既存の参考書をざっと見たところ、回路中に検流計が描かれている場合でも、針がどちらに触れるかは描いてないですね。まるで「逆向き順向き問題」を回避しているかのようです。

私のイラストは+端子と-端子を描いておらず、間違いとも間違いでないともいえないあいまいな状態ですが、読者が戸惑わないよう新たに描き直したいと思います。針の振れに触れずに描くかもしれません。

今回ぽりんこ様のおかげで検流計の「逆向き順向き問題」に気付くことができました。ご指摘ありがとうございました。


仕事について(焦ってます 投稿者:疲れた 投稿日:2018/02/06(Tue) 11:33 No.2353   

仕事について質問させてください
保存力以外のちからの時W=Fxで取り扱かと思うですが、私は高校物理をほとんど終わらせた今でもその感覚だけが身につきません。なぜかというと、釣り合ってる状態でなんで片方のちからだけ見てFxって置けるかわからないからです。
例えば、物体Mに手で押す力Fと摩擦力fが釣り合ってて、手で押す力の向きとどう方向にx動かした時、なんでFxでいいんですか?摩擦力の仕事は?というか釣り合ってるのに仕事?って考えてしまうからです。
宜しければ助けてください。
返信お待ちしてます

Re: 仕事について(焦ってます - ろっとん 2018/02/06(Tue) 21:08 No.2355
動き出すはずがない、という疑問でしょうか?

無題 投稿者:パスカル 投稿日:2018/02/05(Mon) 13:15 No.2351   

力学、摩擦で親亀子亀を扱ってほしいです!

Re: 無題 - ろっとん 2018/02/06(Tue) 00:36 No.2352
親亀子亀は本編でなく問題編で取り上げようと思ってます。
すでに
運動方程式の応用 qGBB4
慣性力 qHBA2
で取り上げていますが、他にもバリエーションがありそうですね。良い過去問を見つけたら解説記事をUPしたいと思います。


無題 投稿者: 投稿日:2018/01/31(Wed) 17:32 No.2348   

とてもわかりやすいので、ぜひ原子分野も増やして欲しいです。

Re: 無題 - ろっとん 2018/02/01(Thu) 00:32 No.2349
原子分野ですか。。うまく解説できないと思うんですよね。暗記項目ばかりで、特に気の利いた解説が思い浮かばないんですよね。すみません。。

ホイートストンブリッジ型回路の合成抵... 投稿者:社会人から大学入学を検討しています 投稿日:2018/01/20(Sat) 17:29 No.2342   

いつも拝見させていただいております、受験を考え間もない者です。お蔭様で先のセンター試験は無事に終えることができました。ありがとうございます。
此度は質問をさせていただきたく投稿した次第です。身近に物理に秀でた人が少なく、また受験を考えた時期が遅く予備校にも通っておりません。もし宜しければで構いません ご教示いただけると幸いです

タイトルの通りホイートストンブリッジ型(以下HB)の回路についてです。8の字、日の字とも取れる典型的なものです。あの場合の合成抵抗の求め方について伺いたく存じ上げます。(問題内容としてHBに限定されません)

HBで電流計が置いてあるところが「電流計」または「導線」の場合、左右を 並列ー並列 とみなし算出することができると理解しています。このとき、そこに「抵抗」が置かれていた場合の回路全体の合成抵抗はどう求めればよいでしょうか。HB型回路に5つ抵抗があるような場合です。 並列ー抵抗ー並列 という直列回路のようにみなして構いませんか?

私なりに探してみたつもりですが納得のいく解説が見つからない状況です、至らぬ点が多いですが教えていただけると嬉しいです。

Re: ホイートストンブリッジ型回路の合... - ろっとん 2018/01/21(Sun) 23:14 No.2344
センター試験お疲れ様です。引き続き2次試験もがんばってください。

8の字型に5つ抵抗があるような回路は並列ー抵抗ー並列とはみなせませんし、それについては『ホイートストンブリッジ』項で解説していますので、まずは当サイトをお読みください。


Re: ホイートストンブリッジ型回路の合... - 同上 2018/01/23(Tue) 20:03 No.2345
改めて拝見させていただきました。返信ありがとうございます。

しかしながら、HB項にある1つ目の式群でいうところのi5にあたるものが i5=0 となっている説明は見つかりましたが i5≠0である場合については記載がなかったように思われます。

言葉足らずで申し訳なかったのですが、「i5≠0の場合は成立するのか」「成立する場合に全体の合成抵抗を求めることは可能なのか」をお伺いしたく存じます。各電流を代数で置いていく他に手は無いのでしょうか。


Re: ホイートストンブリッジ型回路の合... - ろっとん 2018/01/23(Tue) 20:25 No.2346
i5≠0の場合も成立します。
成立する場合に全体の合成抵抗を求めることは可能です。
各電流を代数で置いていく他に手は無いです。

要はキルヒホッフの法則の式を大量に立てて連立方程式を地道に解いて I1、I2、I3、I4、I5、を割り出すという感じです。全体の電圧を全体の電流で割れば全体の抵抗となります。

ひょっとしてΔ―Y 変換の解説をどこかで読んだのでしょうか。ここでは解説できませんが、面倒なキルヒホッフの大量の式を手間無く計算できるというもので根本は変わりません。


Re: ホイートストンブリッジ型回路の合... - 同上 2018/01/23(Tue) 21:34 No.2347
返答ありがとうございます、何か簡潔な導出があるだろうと思い長く探していましたが解決しました。Δ-Y変換なるものは初耳でしたが補足情報まで戴きありがたい限りです。

ご多忙の中ありがとうございました。


うなりの発生原理に関しての疑問 投稿者:難しく考えすぎる者 投稿日:2018/01/03(Wed) 12:42 No.2332   

感想ではなく、頭の体操みたいなものですが、ちょっと根元的な「唸り」に関する疑問です。何かアイデアはありますか、私は何か見落としているでしょうか。場合によっては高校物理の範疇を超えるかもしれません。

 近接した(近接は必要条件ではないと思いますが)2つの波があった時、その差の周波数で「唸り」が発生する事象は定説です。(例えば鐘の音です)
私の疑問は何で、どういうメカニズムで唸りが発生するかです。貴Webでも「うなり_補足」で解説がなされていて、2波を加算した場合の計算式が述べられていて、2周波の差の周波数が発生するメカニズムが書かれています。つまり、発生原理は2波の加算で、それはいわゆる2波の重畳でもあると理解しました。

一方、無線、電子工学でのスパーヘテロダイン受信機等での電子回路のミキサー(混合器)は唸りは非直線回路での「掛け算」で発生する、というのが定説で、実際、2波の乗算での計算例で説明されていて、直線回路での2波重畳では唸りは発生しない、と理解しています。
もし、2波加算で唸りが生じるならば、抵抗体(直線素子です)に2周波が印加されればその唸り、つまり中間周波が発生する筈です。 レベルや効率を別とすれば抵抗器でミキサーが実現できる筈ですが、そんな話は聞いた事がありません。なのでアンプは直線性を追求し、ミキサでは非直線素子を使います。

上記の2者は何が違うのでしょうか? 音と電気振動の違いはありますが波動と言う点では同じ筈です。 
さらに鐘の音の唸りはどこで生じているのでしょうか? 鐘自体で? 音波の伝搬空間で? それとも人間の内耳で?でしょうかなんてのも疑問です。(空間は直線特性である事は定説ですが・・・。)

正月早々、長文になりました、失礼!

Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - ろっとん 2018/01/03(Wed) 17:16 No.2333
鐘の音の唸りは脳内で生じてるのだと思います。「うなり_補足」の次のページの「モアレ」もご覧いただきたいのですが、モアレが目の錯覚でウナリは音の錯角、と捉えるのが妥当だと思います。

電子回路についてはわかりません。直線的な回路というのはなかなか無いと思うので2波の重畳というわけにはいかなそうですが、足し算だろうが掛け算だろうが大きい包絡線が形成されればそれを唸りとみなしてしまえばいいような気がします。

、、、とうわけでつまりは私にはお役に立てません、すみません。あけましておめでとうございます。


Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - 難しく考えすぎる者 2018/01/04(Thu) 10:41 No.2336
すみません。 

なんかうまく書き込みが出来なくて、別のタイトルの所へ返信してしまったみたいです。 

でも、暗唱キーが上手く機能しなかったんでしょうか・・・。


Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - ろっとん 2018/01/04(Thu) 19:23 No.2337
オシロスコープに表示される唸りは包絡線ですか?塗りつぶされたような波ですか?
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/unari/unari_ho-img/unari-ho-12-3.png
このような波ですか?
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/unari/unari_ho-img/unari-ho-12-1.png
それともこのような波ですか?
オレンジ色のような波なら、オシロスコープに包絡線を表示する機能があるのだと思います。緑色のような波ならば、その唸りはオシロスコープを覗き込んでいる人間の脳内のものであるととらえることができます。

唸りもモアレも2つの波の振動数の差が大きいときは、聞こえる(見える)人と聞こえない(見えない)人がいますよ。

「錯角」を「実存」ととらえることが間違いだとは言えませんが、少なくとも「錯角」としておいた方が理屈、理論が整理しやすいと思います。


Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - 難しく考えすぎる者 2018/01/05(Fri) 18:40 No.2339
再度のレスポンスありがとうございます。

さてオシロスコープで2周波の音波での唸りを観測すると包絡線ではなく、まさにwakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/unari/unari_ho-img/unari-ho-12-1.png の様な緑色の波形が観測される筈です。

実は疑問を呈しながら唸りを錯覚と捉える事には抵抗があります。(モアレとは違うと思います) 空間の中で空気の疎密波が重畳すれば疎密の状態が変わる筈と思います、 水面を伝わる同じ進行方向の2周波の横波でも唸りは(そう言いませんが)現実に発生すると思います。唸りも差が大きい時は聞こえる人も、否越えない人もいるとは思いますが、それは脳を含めた音波に対する周波数特性(つまり、所謂聴力)に違いによるものと考えます。

なお、電気振動の世界での唸りは乗算となる、ですが下記の頭にhttp://を付けるとWikiの「混合器 (ヘテロダイン)」で解説が見られます。 単に「混合器」の検索では別の所に行ってしまうようです。
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B7%E5%90%88%E5%99%A8_(%E3%83%98%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%B3)

なお、一応念の為ですが、論争や、異論を挙げて喧嘩を挑んでいるわけではありません。冒頭にも書きましたが頭の体操の類でのハンシです。 ちょっとしつこくなったと感じましたら、打ち切って頂いてかまいません。


Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - ろっとん 2018/01/06(Sat) 00:17 No.2340
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/unari/unari_ho-img/unari-ho-12-1.png
の緑色の波の細かい方の振動は「実在」だと思いますが、大きい方のうねりは人間の脳内の処理で感知しているとみなせると思います。
モアレも、水面のうなりも、混合器の f1-f2、f1+f2 の波も脳内処理によるものとみなせると思います。
しかし、「錯角」を「実在」であるということにしても何も矛盾は生じず、どちらの解釈が間違いということはいえないと思います。
現に上に列挙したものは解像度を落とせばモニター上に「実在」として出現します。

この論争(?)に結論はなく、このまま続けていくと消耗戦に陥ることが予想されます。休戦協定に持込みたいところです\(^o^)/~~


Re: うなりの発生原理に関しての疑問 - 難しく考えすぎる者 2018/01/06(Sat) 20:12 No.2341
ヒマの時に思考実験として考えて見れば面白いかもです(私だけかも、ですが・・・)。

返答、お付き合いありがとうございました。


大変お世話になりました 投稿者:ぽむぽむ 投稿日:2018/01/04(Thu) 01:43 No.2334   

社会人で医学部を再受験した者です。物理を受験科目として選択しましたが、もともと文系出身者であり
物理未習であったため、塾の授業だけでは理解できませんでした。その様なとき、原理について詳しく分かりやすく解説されているこちらのサイトは大変参考になりました。おかげ様で、大学にも合格することが出来ました。ありがとうございました。現在も、物理分野でふと分からないことがある場合は、まずはこちらのサイトを参考にさせていただいております。
今後ともお世話になります。

Re: 大変お世話になりました - 難しく考えすぎる者 2018/01/04(Thu) 10:09 No.2335
返答ありがとうございます。 開けましておめでとうございます。

電子回路のミキサーに関しては 例えばWikiで「混合器」に関する記述ご参考に眺めていただければと思います。

さて鐘の音での唸りですが、オシロスコープとマイクで音の波形を表示させれば、唸りが実際に観測できると思います。 その場合、発生場所は機器の内部でしょうか。 すると機器によって唸りの大きさが変わる事になります。 人間の脳で唸りが発生するとすれば、うなりが聞こえる人も聞こえない人がいる事になります。そうでしょうか。

人間の脳は音に対して非直線性を持っていそうですが、しかし唸りは錯覚とは違うでしょうね(物理現象と思います)。 そしてもし空間で唸りが発生するとすれば空間は非直線性を持っている事になり、定説と矛盾します。イヤ、そもそも、直線特性であっても唸りは発生するのだ、というこのWebの論旨によればそれもアリ、となりますね。 
疑問は膨らみます。

失礼しました。


Re: 大変お世話になりました - ろっとん 2018/01/04(Thu) 19:36 No.2338
>ぽむぽむ様

文系から医学部への合格はすごいですね。あまり聞いたことがありません。理系から文系への転向はときどき聞きますが、それよりもはるかに難易度が高いでしょうね。

当サイトは高校生向けを謳っていますが、中学生や社会人の方の役に立ちたいというのが裏テーマです。お役に立てたならとてもうれしいです。


お教えいただければ幸いです 投稿者:ヒロピン 投稿日:2017/12/14(Thu) 22:58 No.2325   

現在電気関係の勉強を良い年してから始めた者です。
参考書ではわからない点を調べていてこのサイトに辿り着きました。
学生時代にあまり真剣に勉強してこなかった自分には大変わかりやすく助かっております。
その中で一つ質問がありましてお教えいただければ幸いです。

自己インダクタンスと相互インダクタンスについてです。

自己インダクタンス L = μn^2lS に対して

相互インダクタンスが M ∝ μn1n2S と比例記号なのはどうしてなのでしょうか
Φ2 ∝ Φ1なのは理解できるのですが Mの中身であるμn1n2Sが比例記号で結ばれている事が腑に落ちません
M=μn1n2S では間違いなのでしょうか?

同じように V2∝ΔΦ2/Δt も腑に落ちず V2=ΔΦ2/Δt では間違いなのでしょうか?
Φ2 ∝ Φ1 なのでなんとく ΔΦ2/Δt∝ΔΦ1/Δt なのは理解できるのですが・・・

基本的な数学のルールを理解出来ておりませんのでお恥ずかしい限りなのですが
一つ躓くとどうしも拘ってしまって先に進めない性格でモヤモヤしております。
お忙しい所大変お手数ですがお教えいただければ幸いです。

Re: お教えいただければ幸いです - ろっとん 2017/12/15(Fri) 01:55 No.2326
すみません、ご質問の内容が完全には飲み込めてなくて、うまく答えることができません。
一段回ずつ確認させていただきたいのですが、
 V2=ΔΦ2/Δt
というのはどこから出てきたのでしょうか?


Re: お教えいただければ幸いです - ヒロピン 2017/12/15(Fri) 08:43 No.2327
返信ありがとうございます。
 V2=ΔΦ2/Δt
ですがすみません間違えてしまいました。

V2=-n2ΔΦ2/Δt です。-n2を付け忘れてしましました。


書き直しますと

相互インダクタンスが M ∝ μn1n2S と比例記号なのはどうしてなのでしょうか
Φ2 ∝ Φ1なのは理解できるのですが Mの中身であるμn1n2Sが比例記号で結ばれている事が腑に落ちません
M=μn1n2S では間違いなのでしょうか?

同じように V2∝-n2ΔΦ2/Δt も腑に落ちず V2=-n2ΔΦ2/Δt では間違いなのでしょうか?
Φ2 ∝ Φ1 なのでなんとく -n2ΔΦ2/Δt∝-n2ΔΦ1/Δt なのは理解できるのですが・・・

になります。
お手数をおかけしてしまい申し訳ありません・・・


Re: お教えいただければ幸いです - ろっとん 2017/12/15(Fri) 10:59 No.2328
!原因がわかったかもしれません!

これは私が注意喚起を怠ったのが悪いのかもしれませんが、
大文字のNと小文字のnの違いを認識していますでしょうか?
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/yuudou/jiko.html#inn
をお読みいただくとはっきりすると思います。「巻き数」と「単位長さ当たりの巻き数」を混同してらっしゃるような気がします。


Re: お教えいただければ幸いです - ヒロピン 2017/12/15(Fri) 14:12 No.2329
ご解答ありがとうございます。

ご指摘の通り Nとn を混同していた様です。

とすると Nで考えると

V2=-N2 ΔΦ1/Δt =-μn1n2lS ΔI1/Δt
M=μn1n2lS

と=で結べて

nで考えると

V2∝-n2 ΔΦ1/Δt ∝-μn1n2S ΔI1/Δt
M∝μn1n2S

となって∝で結び 磁路の長さl が含まれるか含まれないかの違いと言う理解でしょうか?


Re: お教えいただければ幸いです - ろっとん 2017/12/15(Fri) 23:00 No.2330
Nで考えても = で結べません。 Φ2 ∝ Φ1 なので。
= で結ぶためには Φ2 = Φ1 でなければならず、これは
『環状鉄心の相互インダクタンス』
wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/yuudou/sougo.html#kannjyou
の場合です。

当該ページの説明は量記号がたくさん出てきて混乱しがちですね。もうちょっと注意文を付け足しておこうと思います。


Re: お教えいただければ幸いです - ヒロピン 2017/12/15(Fri) 23:16 No.2331
理解不足な私にお付き合い頂いてありがとうございました。
もっと勉強して理解を深めて行きたいと思います。
この項はこういうものだと覚えて先に進めたいと思います。
これからも勉強時にこのサイトを参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。


いつもありがとうございます。 投稿者:あずさ 投稿日:2017/12/11(Mon) 21:33 No.2323   

社会人になってから、急に工業数学を勉強しなくてはならなくなったアラサー(女)です。
毎日勉強・復習していますが、なかなか参考書だけでは理解ができず、とても苦しんでいました。
しかし、こちらのサイトに出会い、項目ごとに大変参考にさせていただいています。
わたしの勉強ノートはこのサイトのまるうつし?といっても過言ではありません。
ひとつひとつ、書いてあることを音読しながら自分で理解できるまで何度も読み返し、
「なるほど!」と思えるまで利用させていただいています。
この「なるほど!」がわたしにはとても大事で、そしてそこに行きつくことができるのは
どの参考書でもどのサイトでもなく、こちらのサイトです。本当に分かりやすい。
なんというか、物理が分からない、苦手な人への、本物のやさしさと思いやりを感じます・・・

まだしばらく勉強は続きますので、これからも毎日参考にさせて頂きます。
こんなサイトを作ってくださって、心から感謝しています。ありがとうございます。
どうしてもお伝えしたく、コメントをお送りします。

Re: いつもありがとうございます。 - ろっとん 2017/12/12(Tue) 18:54 No.2324
コメントありがとうございます。
とても丁寧にご利用くださっていただき、こちらとしましても身が引き締まる思いです。もっともっとわかりやすくなるよう改良し続けて参ります。
社会人になっても突然専門外のことを勉強しなければならなくなることがありますよね。それなのに分かりやすい解説書が無くて困ったりします。そんな中、お役にたてたのならとても嬉しいです。
これからも勉強頑張ってください。わかりにくいところがあれば気軽に質問なさってください。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |

No. 暗証キー

[過去ログ]

- YY-BOARD -